• ホーム
  • 芸能
  • LINE LIVEオリジナル番組『さしめし』でAK-69とDOBERMAN INFINITYが知られざる素顔を公開! 独占インタビューも

LINE LIVEオリジナル番組『さしめし』でAK-69とDOBERMAN INFINITYが知られざる素顔を公開! 独占インタビューも

 一対一の”さし”ならではの雰囲気で、プライベートな一面をさらけ出した本音の対話を行うLINE LIVEのトーク番組『さしめし』。その生配信の現場をオリコンニュースが独占密着! 今回登場するのは孤高のHIP HOPアーティストAK-69と”All Round HIP HOP”を掲げるDOBERMAN INFINITY。HIP HOPへの熱い想いを抱える両者が、食事をしながらかつてない”素の表情”を公開した。

AK-69とKAZUKI 、2人の熱い絆にユーザーからコメント殺到!

 本番組は、LINEが運営するライブ配信サービス「LINE LIVE」で配信されており、アプリ、PC、メッセージアプリ「LINE」で視聴でき、生配信後はアーカイブでも視聴ができる。現在は火曜〜金曜の20時から、各組が前半・後半の形式で放送されている。これまでに、芸人のタカアンドトシやウーマンラッシュアワー・村本、ラッパーのスチャダラパーと俳優・山田孝之、歌手・浜崎あゆみと芸人のトレンディエンジェル、ロックバンド・L’Arc〜en〜Cielのhydeと歌手の赤西仁など、各界の著名人たちが対談してきた。
 11月16日と17日の放送となった『さしめし』。16日の前半回では、9月にリリースされた楽曲「Shatter」にてコラボレーションを果たし、互いにリスペクトし合うAK-69とDOBERMAN INFINITYのKAZUKIが仲睦まじくトーク。AK-69が愛知県、KAZUKIが岐阜県という同じ東海地方出身ということで、AK-69は「地元が一緒という共通点があって、10月18日のライブにゲストで出てもらって、『一緒に食事に行けたらいいね』って言ってたら、まさか番組で実現するとは」とびっくり。KAZUKIも「まさかの!」と同調していた。
 そんな中、今回はAK-69お勧めの『焼肉BEEFMAN六本木本店』の「特上BEEFMAN焼肉」を自ら店舗に立ち寄ってピックアップ。早速車内に戻って味わうと、AK-69は「おいしい肉は熟成してなくても噛んだ瞬間に口の中に広がる」と肉好きらしく解説。KAZUKIも「めっちゃうまい。5個ぐらい食べられる!」と感激していた。

 すると突然、AK-69は「いきなり真面目な話ししていいですか」と切り出し、KAZUKIにアドバイス。「KAZUKI君はLDHの中でもトップクラスに歌がうまい。でも、ライブを何回か観ていて、繊細だから自信がちょっとないときあるでしょ? だけど、声量もあるし、自信を持っていい! もっとKAZUKIのボーカルを響き渡らせてほしい」と熱弁。AK-69ならではの熱意と優しさのこもった助言にKAZUKIは「ありがとうございます!」と感謝。そんな2人の絆を感じさせるやり取りにユーザーからは「泣きそうや」「感動した」というコメントも寄せられた。
 その後、2人の仲もさらに深まったところで、ザ・リッツ・カールトン東京のイルミネーションを見に行くことに。車を降りて、AK-69がKAZUKIの肩に手を回して歩き、KAZUKIは「AKさんとデートみたい」とニンマリ。イルミネーションをバックに、激レアなスクリーンショットを撮影した。

#425さしめし AK-69・KAZUKI(D.I) 前半はコチラ

「戦争に行く前!?」みんなが驚愕したKAZUKIの秘蔵写真とは?

 11月17日放送分では、バー「麻布租界」に移動して、AK-69、KAZUKIに加えて、DOBERMAN INFINITYからKUBO-C、GS、P-CHOも参加。まずはAK-69のブランド「69MASON」とGUCCIがコラボした特製シャンパンで乾杯。AK-69が栓を開けようと、「シャンパンはあんまりパーンってやったらダメだからね」と言いながらも音を鳴らしてしまい「やっちゃうよね(笑)」の言葉に一同は爆笑。

 また、『柿家鮨』の寿司を食べながら、DOBERMAN INFINITYがそれぞれAK-69への思いを告白。KAZUKIはこれまでに何度もAK-69 のライブを見ており、「青春の思い出の一つひとつにAKさんがある」と感謝。KUBO-Cは「AKさんはプライベートからヒップホップで、ライブもかっこいい。トークもバシバシ刺さってきて、AKさんというジャンルができている」と大絶賛。またP-CHOが「ライブの前にすることは?」と質問すると、AK-69は「筋トレ。パンプアップすると声が出やすい。フェスでは、(ライブ前に)炎天下でダッシュして汗かいて、『何この人?』ってほかのアーティストのスタッフに見られてる(笑)」とのエピソードで一同を笑わせた。

 酔いも回ってきた中、AK-69とKAZUKIが成人式の写真を公開。AK-69は当時、中学校の先生のところに行ったら、「(中学時代より)今(二十歳)のほうが若いって言われた」というスーツ姿の写真を披露。一方、KAZUKIのガングロにヒゲという写真を見たAK-69は「うわー! マジで?」とビックリ。メンバーも「戦争に行く前?」とツッコむなど、“素の表情”満載のトークで大いに盛り上がった。

#426さしめし AK-69・D.I 後半回はコチラ

11月17日放送分の撮影を終えたAK-69とDOBERMAN INFINITYに単独インタビューを敢行!

――今回の『さしめし』の見どころは?
AK-69自分の場合、こういう感じで番組に出ること自体が少ない。しかも、ユーザーのコメントを読んだり、“さしめしポーズ”をするなんて(笑)。あと、“ラッパー=怖い”みたいに思ってる人たちに見てほしいですね。ラッパーとの距離が縮まるぐらい面白い内容になったんじゃないかな。
GSラッパーってめちゃめちゃ怖がられますよね。僕らかしたら謎なんですが(笑)。
KUBO-Cあと、普段の気を張ってない部分を見られると思います。そこは新鮮です。
――前半回は、AKさんとKAZUKIさんの“さし”でした。二人きりでの生配信の感想は?
AK-69 これまでコラボなどをしてきて、KAZUKI君がどういう人物かは知っていたけど、二人だけというのは今回が初。以前、同じ地元同士ってことで「今度名古屋ご飯食べよう」と話していたのが、この番組で実現してよかった。
KAZUKIこれまでもご飯に連れていってもらったりしましたが、「こんなに優しい方なんだ」と改めて感じました。しかも、ずっと憧れているAKさんと、まさか一緒にイルミネーションを見ることになるとは(笑)。一緒に自撮りしたり、夢のようで不思議な感じでした。

――共演を終えて、今後コラボしてみたいことは?
AK-69かっこいいパーティーチューンがいいかも。DOBERMANといると楽しいってイメージがあるから、楽しいけど今のトレンドを押さえたおしゃれなパーティーチューンがいいな。
KAZUKI前回コラボした「Shatter」は二組が一緒にやっている意味を持たせたかったので、メッセージ性があってハードな感じでしたよね。あれからステージでも共演させていただいて、絆が芽生えてきたからこそ、肩の力を抜いたパーティーチューンに挑戦してみたいです。
AK-69そうだね。

――今度、また集まるとしたらどんなことがしてみたいですか?
AK-69名古屋に行く?
P-CHO名古屋行きたいっす。名古屋のうまい店を回って…。
AK-69いいね。それか俺ん家で飲む?
一同それめっちゃヤバイです! 
GS屋根にしゃちほこ立ってるお家ですよね
AK-69信長かい(笑)
一同爆笑!
――お互いのリスペクトしている点は?
AK-69HIP HOPって、いい意味でも悪い意味でもイメージが固まっちゃってる部分がある。DOBERMANは、こういう“ドープな部分がHIP HOP”みたいな変な偏見を打ち壊している。ライブを見させてもらうと、グループだからこそ出来るバイブスやコンビネーションが絶妙。トークの掛け合いもあってHIP HOPの良さを伝えられている特異なグループだなって思います。
KUBO-CAKさんはアーティストとしてはもちろん一人の男としても質が高い。まさに“ライフスタイルがHIP HOP”!
P-CHOキャリアがあるのにクリエイティブな部分で“進化”が止まらないのが凄い。それを見て、自分自身も進化したいって思わされています。
AK-69ありがとう! 今の箇所はぜひ要約せずに記事に書いといてください(笑)。

時節に合わせて楽しめる番組構成も魅力。LINE LIVE『さしめし』

Sponsored by LINE株式会社

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!